チャットレディの税金対策、経費で落とせるもの

チャットレディとして働く際に、気にしたいのが税金対策です。特に、所得税に対する対策は非常に重要。やり方によっては、納税する金額を大きく引き下げることもできますので、ある程度の知識は持っておくようにしましょう。

 

所得税ってなに?

chatlady61

 

チャットレディは、事務所を通すか、個人でチャットサイトを運営する業者と契約(登録)をして報酬を得ることになります。これらは、いずれの場合も会社に「雇ってもらう」というわけではなく、チャットした時間と男性の人数に応じて支払われる「報酬型」でお金が支払われるシステムです。どこかに雇用されているわけではなく、個人事業主として働いているということになります。

 

さて、どことも雇用関係がないチャットレディは、確定申告が必要となります。所得税は、この申告時に必ず支払わなければならないものです。有名な税金ですので、聞いたことがあるという方も多いと思いますが、これは名前の通り所得に課せられる税金。所得とは、年収に対して必要経費を差し引いた額を指します。つまり、経費が多ければ多いほど、所得税を減らすことが可能です。

 

所得税を減らすために知っておきたいこと

例えば、チャットレディで、年収が150万円以上になっても、そこにかかる必要経費が80万円であれば、70万円の所得に対して課税される仕組み。つまり、税金対策では「経費をきちんと計上する」ということが大切です。

 

また、経費計上をした結果、所得が38万円以下であれば、所得税は払わなくても良いということも合わせて覚えておきましょう。これは、免除額と呼ばれるもので、そもそも確定申告自体が免除される20万円以下の所得や、確定申告は必要なものの所得税を納めなくても良いとされる38万円以下の所得であれば、所得税の納税は必要ないという制度です。

 

チャットレディが経費申請しやすいもの

経費を計上した方が税金対策になる、ということはわかったものの、何が経費として計上できるのかが分からないという方も多いはずです。実はチャットレディでもたくさんの経費が計上できます。

 

代表的なものは、パソコン代やWEBカメラ代です。これらは、この仕事に欠かせないものですから、仕事を始めるにあたって購入したという方の場合には申告することで経費として認められます。さらに、家賃や光熱費も仕事で必要になった分を算出すれば認められたり、仕事で使うコスプレ洋服代やグッズもOKだったりするケースが多いです。

 

場合によっては、美容代や化粧品代も認められるというケースもあるようなので、必ずレシートや領収書は取っておくようにしましょう。自分で難しいだろう判断するのではなくなんでも申告してみることが大切です。もし、気になるようであれば所轄の税務署へ確認をしてみましょう。