チャットレディ必見!確定申告の手順・やり方の簡単まとめ

意外と知らない人が多いですが、チャットレディは自分で確定申告をしなければならないのが一般的です。その理由や確定申告の流れや方法について簡潔にまとめましたので是非ご覧ください。

 

 

チャットレディは個人事業主!確定申告が必要

チャットレディと事務所(プロダクション)との間の契約が雇用契約であれば話は別ですが、基本的にはチャットレディは事務所側と個人事業主として業務委託契約を締結しているのが一般的です。その場合は自分で確定申告をする必要があり、確定申告及び納税をしないと脱税になってしまいますので、絶対に忘れないようにましょう。

 

確定申告の期間(チャットレディに限らず)

確定申告には期間があります。毎年2月16日から3月15日までがその期間でありこれは提出期限にあたります。その提出期限内に毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得を報告するのが確定申告です。そして確定申告により所得税と住民税が決定されます。これはこの仕事で報酬を得た場合にも変わりません。基礎控除額38万円を超した報酬があるチャットレディは、その所得を申告しなくてはなりません。

 

これを怠った場合には、あとからさかのぼってチェックされ過去の所得とプラスアルファの納税が課されることになります。確定申告をするためには、前述した提出期間の間に管轄の税務署に出向き「平成○年度分の所得税の確定申告書」という書類をもらい必要事項を記載し提出するのが基本です。

 

インターネットでも確定申告可能!忙しいチャットレディでも安心

今現在はインターネットを経由するE-TAXというシステムがあり、在宅で確定申告をすることも可能です。この場合には手書きで確定申告書に記載するときに必要ないアイテムを準備する必要がありますが、混み合っている時期に税務署に出向かなくて済み時間もかからないというメリットがあります。

 

医療費控除・保険料控除も忘れずに

手書きの書類を使う場合には、必要事項を記入して控除に必要な各書類を添付します。控除とは法で定められているもので各項目があります。

 

代表的なものは医療費控除や、生命保険控除ではないでしょうか。その他にも地震保険や住宅ローン控除などがあり、それぞれ該当するものに費用が掛かっている人は、その金額により税金の控除が受けられるというものです。それらの必要書類を添付してから封をし期限内に管轄の税務署に持ち込むか、または郵送するかになります。郵送する場合には期限内の消印が有効になります。

 

E-TAXを使う場合には、現在のところ控除を受けるのに必要な書類の添付が免除されているため、比較的楽に申告することができます。E-TAXで用意されている項目それぞれに必要なことを入力していき、最終的にそのまま送信してしまうことまでできます。

 

その際には現在のところ住基カードとそれを読み込むカードリーダーが必要になっているため、住基カードを持っていない人は前もって管轄の市役所や区役所に出向き発行してもらうことが必要です。カードリーダーも住基カードを読む込むことができるものを購入しておく必要があります。

 

パソコンによる確定申告はそのまま送信することができますが、必要箇所の入力をしたらプリンターなどから出力して印刷することもできます。そしてそれを税務署宛てに持ち込むまたは郵送することで確定申告をすることもできます。このように確定申告にはいくつかの方法がありますので、自分の環境やスタイルなどにあわえて選択するとよいでしょう。

 

チャットレディはいくらから確定申告が必要?

チャットレディが確定申告しないといけない金額がいくらなのかは本業か副業かで異なります。

 

チャットレディの仕事のみをしている場合は所得が年間48万円を超えると確定申告が必要です。会社員・OLなどの仕事を本業として持っており、副業としてチャットレディの仕事をしている場合は年間20万円を超えると確定申告の必要があります。

 

ただしこの金額は所得です。売上(チャットレディ事務所から振り込まれた金額)ではなく、そこから経費として計上できる金額を差し引いたものが所得になります。

 

チャットレディの確定申告で経費として計上できるもの

計人は仕事を行う上でかかるものですので、チャットレディであれば出演時の衣装やメイク代、照明やパソコンなどの機器、インターネット回線などが該当します。

 

ただし、プライベートでも使用しているものは判断が分かれますので、そのあたりは市区町村がお行っている確定申告相談や税理士に相談するなどしましょう。

 

チャットレディにも税務署からのお尋ねはある?

税務署からのお尋ねは税務調査のように自宅に職員が訪れるわけではなく、文書等で確定申告の内容について問い合わせがあることです。

 

お尋ねは税務調査と違い回答義務はありませんが、それでも怪しまれない為にもしっかりと回答しておくことをお勧めします。

 

配偶者や親に扶養されている場合、チャットレディの仕事はバレる?バレない?

配偶者や親にチャットレディの仕事がバレるバレない問題について、税理士がわかりやすく解説してくれている動画がありましたのでご紹介します。

 

 

上記動画の3分40秒あたりから、バレるバレない問題について解説しています。

 

内容を簡単にまとめますと確定申告をするだけではバレることはないが「所得が夫の扶養範囲を超えた場合」「住民税の聴衆を"給与から天引き"にして申告した場合」はバレる可能性が高いとのことです。

 

住民税は給与からの天引きではなく自分で支払うようにすれば住民税が理由で会社に副業がバレる可能性は低くなります。

 

チャットレディは無申告・脱税はほぼほぼバレる、隠すのは無理

チャットレディは男性と二人で話すという業務の性質上、オンラインのキャバクラいみたいな部分があり、水商売というイメージを持つ方もいます。

 

キャバクラや風俗などで働いている女性は確定申告をしていない(脱税している)人も多いと聞きますが、それは報酬を現場で現金で受け取っているので、銀行口座に報酬を受け取った記録が残らないのでバレにくいだけであって、チャットレディの場合はライブチャットの管理画面に売上が残るケースもありますし、報酬は事務所からチャットレディ自身の口座に振り込まれるケースが一般的で、お金の動きがしっかりと記録されています。

 

まさか確定申告をしなくても大丈夫だろうと甘いことを考えているチャットレディはいないと信じたいですが、万が一そんなことをしても高い確率でバレてしまいます。

 

無申告がバレてしまった場合、延滞税や無申告加算税を支払わなくてはならず、ちゃんと確定申告した場合よりも多くの税金を納めなくてはなりませんし、あまりにも悪質な場合は逮捕される可能性もゼロとは言い切れません。

 

収入のあるチャットレディは絶対に確定申告してください。

 

儲かってるチャットレディは税理士・会計士との契約も検討せよ

税金や確定申告関連の業務は本当にややこしく、自分でやるのはとても面倒です。そんなことに脳のリソース、やる気のリソースを取られるくらいなら税理士や会計士事務所と契約をしてしまえば8割くらいの作業は丸投げすることができます。

 

毎月の売上データと経費計上できそうな買い物や支払いの領収書を税理士(会計士)に送るだけです。

 

費用の相場観としては、上記のようにほぼほぼ全ての作業を丸投げする場合、毎月の顧問料が3~5万円前後、確定申告や法人にしている場合の決算費用で10~20万円程度取られるケースもあります。しかし、年間で数十万円程度で税金の悩みから解放されるのであれば、月数十万円稼いでいるチャットレディは税理士事務所と契約するメリットは非常に大きいといえます。

 

税理士事務所と顧問契約しているチャットレディ事務所もある

「自分で確定申告をするのは難しそう・・・」「だけど、税理士と契約するお金もない」というチャットレディはアリュールというチャットレディ事務所が大変おすすめです。

 

 

アリュールは税理士が顧問に付いている事務所ですので、先ほど申し上げたように全ての業務を丸投げというところまでは難しいでしょうけれども、気軽に税金のことを相談できる環境が整っている珍しいチャトレディ事務所です。

 

もちろんアリュールの魅力は税理士が顧問として付いていることだけではなく、稼ぎやすさやサポートの手厚さにも定評があります。

 

アリュールのツーショットチャットの時給は7200円ですので業界でもかなりの高水準です。しかも、待機保証も付いており1日5時間仕事をしていれば、時給2000円保証、日給1万円が保証されますので、男性から指名が取れなくても報酬を受け取ることができ、初心者でも稼ぎやすいのが特徴です。

 

仮にあまり指名が取れなかったとしても1日1万円を1ヶ月30日続けたら30万円とそれなりの所得を手にすることができます。

 

稼げるからこそ確定申告や税金周りのサポートもしっかりしてくれるというわけです。

 

アリュールは体験入店後の出勤で入店祝い金が最大3万円支給されますので、まずは体験入店だけでもチャレンジしてみてください。