アダルト行為はどこまで受け入れる必要があるの?

ノンアダルトを謳っているお仕事先サイトで働く場合には、エッチなチャットくらいは大丈夫ですが、実際に脱いでその姿をウェブカメラにさらすというようなことは禁止されています。サイト運営から厳しく監視されているため、下手をするとアカウント停止という厳しい罰が下されることもあります。そのためノンアダルトなのに行為を要求されたときには、毅然とした態度で断るのがおすすめです。

 

断り文句としては「それをやったらアカウントがなくなっちゃうから無理」というような内容をソフトに伝えるのがよいでしょう。自分のせいではなくサイトの仕様とルールだからということを前面に押し出すようにします。アダルトライブチャットの場合、チャットレディ自身もわかっているとおりに要求はもっと過激ですし、その覚悟を持っているものです。ですが要求にこたえられる範囲は個人差がありますので、自分ができる範囲で受け入れるようにしましょう。

 

無理をしているとどんどん要求は過激になりますし、男の性欲に際限はないものですのでそれに付き合ってばかりいると自分の精神衛生上にも悪影響を及ぼします。長く続け稼ぐためには、あくまでも自分ができる範囲のアダルト行為を受け入れるようにしそれ以上の要求がある場合には、うまくあしらうようにしましょう。

 

日本のお仕事先サイトではアダルトであっても性器の露出は禁止されているのでそれはしっかり守らないと場合によっては逮捕まであり得るので注意します。一般的にアダルトライブチャットで行われているパフォーマンスは、性器露出をしないで行うローターやバイブを使ったオナニーなどです。

 

またバイブをペニスに見立てて口や手を使って行う刺激などのパフォーマンスもあります。オナニーで潮を吹いたりというようなパフォーマンスは喜ばれますが、体質的にできない女性もいますので無理をしないようにしましょう。できないことは、できないとしっかり断るか、または「練習しておくからできるようになったらみせるね」というように「やってみる」というところを見せておくとやんわりと断れます。

 

過激なパフォーマンスでも応えられる場合は、できるだけリクエストを受けるようにすると顧客サービスにもなりますが、その場合ハードルが高めのことはすぐにやるのではなく、「何回チャットしてくれたらやるよ」「来週までに準備しておく」というようにすると次回につなげることができますので、ただリクエストに応えるだけではなく、状況に応じてうまく要望を活用するようにするのがおすすめです。