チャットレディは目が命!?目を大きく見せるアイメイクの仕方

目を大きく見せる方法はいくつかあります。注意したいことはやりすぎないことです。アイメイクばかりに力を入れていると、きづいたときにはギャルメイクになってしまいます。そうではなくて自然にギャルのような不自然ではなく目を大きく見せるには、あまり盛りすぎないことも大切です。まず基本はカラコンの装着です。カラコンはなにも奇抜な色を入れる訳ではなく、自分の瞳の色にあったものを選びます。自然に見せるためには黒か濃い茶色がおすすめです。

 

カラコン選びのポイントですが、自分の黒目より少し大黄なものを選ぶのが目を大きく見せるコツです。比較してみるとわかりますが、たとえ黒い色のカラコンをいれた場合でも少し大きければ黒目が大きくなって錯覚で目を大きくみせることができます。より自然に見せたいなら、カラコンはフチなしのものを選ぶのがよいでしょう。

 

フチがあるといかにもカラコンを入れていますという目元になりますので注意しましょう。次は二重をつくります。目元と大きく見せるためには一重より奥二重、それよりもくっきり二重の方が目の印象が強くなる分そう見えます。二重にするにはアイプチなどもありますが細いファイバー状になっているアイテムがあるのでそれがおすすめです。

 

これはアイプチのように不自然になりにくく、しかも大きく二重をつくることができるアイテムです。二重にすることができたら次はアイラインです。目を大きく見せたい人がやってしまいがちなアイラインの引き方がありますので注意しましょう。目を印象づけたいあまりに目の周りをくっきりと黒のラインで囲ってしまう人がいます。

 

これはかえって目はこれだけです、という目印をつけるようなものですので、上下を囲うのは逆効果になります。また囲ってしまうと性格がきつそうにみえるので、あまりライブチャットのユーザーには受けがよくありません。アイラインをひくときには、上側は目頭から目じりまで目の際にラインをいれていきますが、下側は両端は空けるようにして中心だけにひくうようにします。

 

この時のポイントとしてはラインの長さは黒目の大きさ程度にとどめることです。そして下のラインはリキッドライナーではなくペンシルを使うようにします。これはリキッドの場合くっきりしすぎて不自然になってしまうためです。下側にラインをひいたら周囲になじませるように手または綿棒などを使って境界をぼやかしましょう。それが終わったら白いペンシルライナーを使います。白を使うのは下側の目頭部分と目尻部分になります。

 

これは白目部分の面積を大きく見せる効果があります。粘膜部分にも色を乗せるようにするとより効果的です。最後にまつげのメイクをします。ビューラーでしっかりあげて、繊維入りのボリュームアップマスカラを使うのもおすすめですが、ライブチャットという映像を介してのお仕事ではつけまつ毛をつかっても不自然さは目立ちにくいのでつけまつ毛で手を抜いてもよいでしょう。

 

つけまつ毛は不自然に長いようでしたらカットしてちょうど良い長さにするのがおすすめです。またビューラーでしっかりあげるとぱっちりとした目元になります。