法人化するまでの手順・流れ【月収100万円チャットレディは必読】

会社設立というと途方もないことに思われますが、この仕事でも毎月50万円を稼げるようになったら法人化を検討すべきです。個人事業主として1人で頑張っているよりも多くの節税対策ができるので、手元に多くのお金を残すことが可能です。会社は何人もの従業員を抱えているものというイメージを持つ人もいますが、決してそんなことはありません。一人でも法人化することはできます。それではチャットレディが会社を設立するためにはどのような手順を踏む必要があるのでしょうか。

 

chatlady65

 

法人化するにあたりまずやることは「会社形態を選定すること」です。現在では会社法が改正されているため、株式会社を設立する場合でも1000万円もの資本金は不要になっています。資本金1円でも設立できますが、登録免許税がかかりますので、その金額によって会社形態を選ぶようにします。

 

株式会社なら最低15万円、合同会社を設立するなら最低6万円かかります。将来的に合同から株式に会社をステップアップすることもできますので、心配ならまずは合同会社から頑張ってみるのもよいでしょう。次に定款の作成が必要になります。定款というのはいわば国における憲法のようなもので、会社組織の中の決め事を記したものです。次に必要なのは法務局での登記になります。

 

これは会社所在地を管轄している法務局で行う手続きで、会社設立のための最終手続きになります。法務局に申請し登記がなされることで、正式に会社ができたことになります。会社の設立は個人で手続きをすることもできますが、法律が絡むのでかなり難解になります。

 

必要な定款の作成、登記の手続きまでを行おうとすると、かなりの専門的知識を身につける必要があります。会社を設立してこれから頑張って稼ごうというときにそれに時間を割くのはかなりもったいないことですので、司法書士や行政書士に依頼して相談しながら手続きを代行してもらった方が時間を有意義に使えます。会社設立にかかわる手続きはわずか数万円程度の費用で代行してもらえます。

 

そして会社をスムーズに運営するためには、信頼できる税理士も見つけておく必要があります。この仕事は比較的新しい分野のお仕事ですので、それに理解のある税理士をみつけるようにしましょう。個人事業主であった時代は頑張って自分で帳簿をつけていたという人でも、法人化するとさらに複雑な税務処理が必要になりますので、自分自身で行うのは非常に手間と時間がとられます。よい税理士を見つけておくと節税に関するアドバイスなどももらえますので顧問税理士に依頼するようにしましょう。